はじめまして、ミラコです!

はじめまして、ミラコと申します。

執筆活動をする時は、ミラコ か ミライ という名前をつかっているので、みなさんがぞれぞれ親しみやすい方で呼んでもらえたら嬉しいです。

多趣味な性格を活かし、このはじめての記事では、自己紹介代わりに知識は浅いながら、映画を1本紹介したいと思います!

「時計じかけのオレンジ」

↓(神保町の古本屋さんでゲットしたパンフレットです!)

タイトルだけ聞いたことがあったり、ポスターは見たことがあるという方も多いのでは?

ロリータという言葉の語源にもなったウラジーミル・ナボコフ氏の小説を映像化した映画「ロリータ」のスタンリー・キューブリック監督の作品です。
日本では過去に、小栗旬さん主演で舞台化されています。

私はこの作品をマイベストムービーと言えるほど、繰り返し観ています。
はじめて観た日は、それまで経験したことのないほどの謎の頭痛に襲われました…
しかし、もう一度観たいという気持ちを抱かずにはいられませんでした。
それほどに中毒性を持つ作品であり、その強烈な世界観に当然好みも分かれると思います。(でも問答無用にミルクバーは素敵!)

でも、ひとこと言えることはとってもパンクだということ!
トラウマ覚悟で一度挑んでみることを強くオススメします!

ちなみに、この映画をオマージュしたロブ・ゾンビ氏のMVもワクワクするのでオススメです。

この夏は「感性を磨く」というフワッとした目標を掲げているので、これからも映画に限らず、さまざまなものを紹介していきたいと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ミラコ(ミライ)

Instagram:mllemiraco

Filmarks:bm6md

まだまだ大人になりきれないはたち。映画、音楽、芸術、食、ファッション、文学…さまざまなところにアンテナを張りながら生きています。旅行と文をしたためることが好きです。

Author: miraco

まだまだ大人になりきれないはたち。映画、音楽、芸術、食、ファッション、文学…さまざまなところにアンテナを張りながら生きています。旅行と文をしたためることが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA